ランブータンバイクシート作製のブログ

バイクシート作製、張替えのブログです。群馬県でシート作製をしています。なるべく多くの画像を載せていきたいと思います。

タグ:ランブータンオリジナルハイバックソロシート

こんばんは!
ブログ担当のはつです(*・ω・)ノ

今日は、ランブータンオリジナルハイバックソロシートを購入していただいたお客様の
バイク画像を紹介させていただきます。

【ランブータンハイバックソロシート 合成皮革8639(茶)ダイヤステッチ】
車種2002FXST
合皮8639茶-ダイヤ
注)照明の関係や、お使いの端末、閲覧環境により、写真と実物の色味や質感が異なって見える場合がございます。
シート画像(アップ画像)も一緒に掲載します。
表皮8639茶-ダイヤ
ハイバック仕様になっておりますので、お尻が後ろに滑りづらいです。
表皮8639茶-ダイヤ
こちらの表皮は、ツヤが有ります。
表皮8639茶-ダイヤ
表皮8639茶-ダイヤ
モコモコ感があります。
表皮8639茶-ダイヤ
表皮8639茶-ダイヤ
ハイバック部分のウレタンの厚み約9センチあります。


表皮8639茶-ダイヤ

購入していただいたお客様より、大変嬉しいお言葉を頂戴いたしました

N.M様
乗り心地も格段に良くなり、シート後部の厚さが発進時のお尻の滑りを
サポートしてくれ、安心して運転できるようになりました。
シート後部を薄くしなくて良かったと思っております。
有難うございました。

気に入っていただけたようで、嬉しい限りです

今回、『出来る限り、滑らないようしたい』とのご要望があり、表皮を合成皮革にするか、本革にするか、またお色味やデザイン、ハイバック部分のウレタンの厚みなどもお客様と何度もメールでやりとりさせていただきながら作製いたしました。

乗り心地も改善され、安心いたしました
この度は、ご購入いただきましてありがとうございました

こんにちは!
ブログ担当のはつです(*・ω・)ノ

今日は、ランブータンオリジナルハイバックソロシートを購入していただいたお客様の
バイク画像を紹介させていただきます。

表皮、合成皮革BK-02を使用したシートの紹介は、初めてになりますね。
オリジナルソロシートでは、数台しか作製しておりませんので貴重な車体画像になります

そして、お客様のYouTubeチャンネルで当店のオリジナルソロシートをご紹介してくださいました
誠にありがとうございます。大変嬉しい限りです

ちなみに、合成皮革BK-02の表皮は、当店定番の表皮BK-01(ツヤ無し)よりもシボが細かく画像では、わかりづらいですがややツヤが有ります。
当店定番の表皮BK-01(ツヤ無し)と同様に、屋外での使用目的で作られた表皮で、アウトドア用やバイク用の表皮で水にも強くジェットスキーなどにも使用されているものになります。


【ランブータンハイバックソロシート 合成皮革BK-02(ややツヤ有り)縦タックロール幅30ミリ】
BK-02-30
表皮のみ変更、ウレタンの厚さなどは定番商品と同じ仕様になります。
BK-02-30
BK-02-30
BK-02-30
色々な角度から撮影していただき、ありがとうございます。
BK-02-30
購入していただいたお客様より大変嬉しいお言葉をいただきました

S.A様
ハイバックになってるお陰で尻が滑らず、柔らかさも抜群で腰への負担も改善されました!
やっと望むシートに出会えたって気分です。
本当にありがとうございました!

数あるシートの中から、当店のバイクシートを選んでいただき大変嬉しく思います。
一人でも多くのお客様に『やっと望むシートに出会えた』と喜んでいただけるような
シートづくりに励んでまいりたいと思います

この度は、ご購入また、YouTubeでのシートのご紹介ありがとうございました

BikeのNORIぞー!!やっと見つけてぜ!理想のソロシート!


乗り心地やツーリングした際の感想、また表皮BK-02のご説明などもお話ししていただいているので、購入を検討している方は、ぜひぜひ参考にしていただければ幸いです

注)乗り心地やお尻、腰の痛みなど、個人差あります。

こんにちは!
ブログ担当のはつです(*・ω・)ノ
久しぶりの投稿になります

お客様よりバイクシートの取付画像をいただいておりましたが、なかなかHPやブログの更新ができず
今日約2ヵ月ぶりにHPのユーザーズフォトを更新いたしました💦

ブログでも少しずつご紹介させていただきます

【ランブータンハイバックソロシート 特注 本革・黒 ダイヤステッチ】
本革・黒-ダイヤ
表皮のみ本革に変更、ウレタンの厚さなどは、定番商品と同じ仕様になります。
本革・黒-ダイヤ
表皮は、本革でシボが無く、ツヤがあまり無いタイプを使用しております。
本革・黒-ダイヤ
本革・黒-ダイヤ
本革・黒-ダイヤ

購入していただいたお客様よりメッセージを頂戴いたしました

M.Y様
自分も紹介してもらって凄く良かったので友達にも紹介します。この度は、ありがとうございました。

お客様のご友人の方が、当店のバイクシートを使用してくださっているとのことで、
試乗して気に入っていただけた様でご注文をいただきました。

お客様から『長く乗りたい』との嬉しいお言葉をいただき、表皮は本革での作製になりました。
お手入れも大変ですが、長く使用すればするほど
シワやヒビなどの経年変化を楽しめますし、愛着もわきますね

この度は、ご購入ありがとうございました

こんにちは!
ブログ担当のはつです(*・ω・)ノ

先日、本革(姫路レザー)を仕入れいたしました

馬革の茶芯の黒になりますが、どのように経年変化をするのかイメージしやすくするために
少し強めにエイジング加工をしてみました

数年~数
十年使い込むと経年変化するイメージの参考になると思います。
実際に、バイクに数十年乗って、経年変化をした画像ではありませんのでご注意ください

ちなみに茶芯とは、革ジャンやブーツなどにも使用されている、下地を茶色に染色してあり、
使い込むと表面の黒が薄くなり、下地の茶芯が見えてきますので、より経年変化を楽しめます。


【オリジナルハイバックソロシート ダイヤステッチ・エイジング加工】
IMG_20230505_150739
使い込むほど、自分だけの使用感が出てヴィンテージ感がカッコいいです!
IMG_20230505_150745

IMG_20230505_150812
今回は茶芯のイメージを分かりやすくするために、少し強めにエイジング加工してみました。
IMG_20230505_150829
数年~数十年使い込むと経年変化するイメージの参考になると思います。
実際に、バイクに数十年乗って、経年変化をした画像ではありませんのでご注意ください
IMG_20230505_150822
IMG_20230505_151015
IMG_20230505_151237
IMG_20230505_151313
IMG_20230505_151512
IMG_20230505_151930
使えば使うほど、愛着が出て『茶芯のエイジング』が楽しいと思います
IMG_20230505_151958

こちらの画像は、経年変化を仮定して紙ヤスリなどでエイジング加工した画像になりますが、
当店では、エイジング加工をしての販売はしておりません。
もし、お客様の方でエイジング加工をご希望の場合は、ご購入の際に予備の革のサンプルを商品と一緒に同梱いたしますので、お客様ご自身でお好みにエイジング加工していただければと思います

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせいただければと思います

こんにちは!
ブログ担当のはつです(*・ω・)ノ

この度、本革(姫路レザー)を仕入れいたしましたので、紹介していきたいと思います

本革・黒(馬革・茶芯)の革をオーダーしました

お客様からの茶芯の本革のお問い合わせも多く、兼ねてより、『高級感があり、経年変化が
楽しめる茶芯の本革』でシートを作製したく、探しておりましたが、今回ついに!!!
理想な革を仕入れる事が出来ました
IMG_20230526_074915


ちなみに茶芯とは、革ジャンやブーツなどにも使用されている、下地を茶色に染色してあり、
使い込むと表面の黒が薄くなり、下地の茶芯が見えてきますので、より経年変化を楽しめます。

革の厚さは1.2ミリ程度で、シボが無く、ツヤがあるタイプの革になります。

早速、ランブータンオリジナルハイバックソロシートを作製してみました
【デザイン 縦タックロール 幅25ミリ】
IMG_20230418_170000
シボが無く、ツヤがあるタイプの革なので、高級感があります。
IMG_20230418_170030
IMG_20230418_170349
【デザイン ダイヤステッチ 8×3.5センチ】
IMG_20230418_170738
IMG_20230418_170746
IMG_20230418_171201
左が経年変化を仮定して、エイジング加工したイメージの画像になります。
IMG_20230505_151237
使い込むほど、自分だけの使用感、またヴィンテージ感が出て楽しめます
IMG_20230505_151216

シート作製の際は、傷やシワなどをなるべく避けて作製していますが、
商品の特性上、小さい傷やシワ等ある場合がございます。

なお、茶芯の本革ですが、天然皮革の為、ところどころ革に傷がありますので、大きなシートの作製の場合は傷が入ってしまい難しいので現在は、基本的にハイバックソロシートまたは同等のシートの大きさのシート作製に限らせていただきます

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせいただければと思います。

↑このページのトップヘ