ランブータンバイクシート作製のブログ

バイクシート作製、張替えのブログです。群馬県でシート作製をしています。なるべく多くの画像を載せていきたいと思います。

カテゴリ: 本革(馬革・茶芯)

こんにちは!
ブログ担当のはつです(*・ω・)ノ

今日は、ランブータンオリジナルハイバックソロシートを購入していただいたお客様の
バイク画像を紹介させていただきます。

今回の表皮は、姫路レザーの本革・黒(馬革・茶芯)の革を使用しておりますが、
敢えて、紙ヤスリなどでヴィンテージ風に加工をしております。

ちなみに茶芯とは、革ジャンやブーツなどにも使用されている、下地を茶色に染色してあり、
使い込むと表面の黒が薄くなり、下地の茶芯が見えてきますので、より経年変化を楽しめます。

【ランブータンハイバックソロシート 本革(馬革・茶芯)縦タックロール幅30ミリ】
・姫路レザーの本革・黒(馬革・茶芯)
・エイジング加工済
車種:サンダー250
姫路-30-エイジング
姫路-30-エイジング
姫路-30-エイジング
姫路-30-エイジング
姫路-30-エイジング
姫路-30-エイジング
シート画像(アップ画像)も一緒に掲載します。
姫路-30-エイジング
元々は、シボが無くツヤがあるタイプの革でしたが、ヴィンテージ風に紙ヤスリなどで加工しました。
姫路-30-エイジング
表面が削れていくことで、茶色が出てきます。
姫路-30-エイジング
ツヤの無いマットな仕上がりになっております。
姫路-30-エイジング
姫路-30-エイジング
姫路-30-エイジング
縦タックロール幅30ミリ
姫路-30-エイジング
使い込むほど、茶芯のエイジングが楽しいですよ
姫路-30-エイジング


ご購入していただいたお客様より、大変嬉しいお言葉を頂戴いたしました!

H.K様
とてもカッコ良く車体にもバッチリで大満足です!

先日、ヤフーオークションからご購入いただいたお客様になります。
わざわざ車体画像をメールにてお送りいただき
ありがとうございます
今回、大幅なカスタムを予定されているとのことで、その為のシート交換で購入して下さいました。

この度は、数ある商品の中から当店のシートを選んでいただき誠にありがとうございます。
サンダーに乗られている方からのお問い合わせも増えてきており、嬉しい限りです

※当店では、基本的に、エイジング加工しての販売はしておりませんが、今回写真撮影のため、加工したシートになりますので限定品なります。

おはようございます!
ブログ担当のはつです(*・ω・)ノ

今日は、【表皮:本革・黒(馬革・茶芯)新喜皮革 】で作製したシートの紹介です!

今回の革は、新喜皮革さんで製造している本革ホースハイド(馬革・茶芯)を使用しております。
厚さ1.1~1.3ミリ程度のシボが無く、ツヤもあまり無いマットなタイプの革になります。
デザインは、縦タックロール25ミリになります。
新喜皮革-25
シボ、ツヤがあまり無いマットな本革になります。
新喜皮革-25
表面が削れていくことで、茶色が出てきます。
IMG_20240326_175008
本革ならではの高級感があります。
新喜皮革-25
新喜皮革-25
パイピングも同じ本革を使用しております。
新喜皮革-25
新喜皮革-25
使い込むほど、自分だけの使用感、またヴィンテージ感が出て楽しめます
新喜皮革-25
※新喜皮革・・鞣しから仕上げまでの工程を自社一貫生産する馬革専業タンナー(皮革製造会社)様
上記の革は、腰・でん部の上部にある胴体部の革を指すホースハイドになります。軽さとしなやかさが特徴です。
エイジングが進むとタンニンなめし特有の地艶が上がり、ヴィンテージテイストの革へと仕上がっていきます。

ちなみに茶芯とは、革ジャンやブーツなどにも使用されている、下地を茶色に染色してあり、使い込むと表面の黒が薄くなり、下地の茶芯が見えてきますので、より経年変化を楽しめます。

シート作製の際は、傷やシワなどをなるべく避けて作製していますが、
商品の特性上、小さい傷やシワ等ある場合がございます。

なお、茶芯の本革ですが、天然皮革の為、ところどころ革に傷がありますので、大きなシートの作製の場合は傷が入ってしまい難しいので現在は、基本的にハイバックソロシートまたは同等のシートの大きさのシート作製に限らせていただきます

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせいただければと思います

おはようございます!
ブログ担当のはつです(*・ω・)ノ

久しぶりの投稿になります

今日は、ランブータンオリジナルハイバックソロシートを購入していただいたお客様の
バイク画像を紹介させていただきます。


今回の革は、新喜皮革さんで製造している本革ホースハイド(馬革・茶芯)を使用しております。
厚さ1.1~1.3ミリ程度のシボが無く、ツヤもあまり無いマットなタイプの革になります。

※新喜皮革・・鞣しから仕上げまでの工程を自社一貫生産する馬革専業タンナー(皮革製造会社)様
今回使用した革は、腰・でん部の上部にある胴体部の革を指すホースハイドになります。軽さとしなやかさが特徴です。
エイジングが進むとタンニンなめし特有の地艶が上がり、ヴィンテージテイストの革へと仕上がっていきます。

※茶芯とは、革ジャンやブーツなどにも使用されている、下地を茶色に染色してあり、
使い込むと表面の黒が薄くなり、下地の茶芯が見えてきますので、より経年変化を楽しめます。

【ランブータンハイバックソロシート 本革(馬革・茶芯)縦タックロール幅25ミリ】
新喜皮革-25
新喜皮革-25
表皮のみ変更、ウレタンの厚さなどは定番商品と同じ仕様になります。
新喜皮革-25
新喜皮革-25
新喜皮革-25

購入していただいたお客様より、大変嬉しいお言葉を頂戴いたしました!

K.M様
とても気に入りました。
ハイバックのおかげで腰の痛みも少なく、見た目も理想の形でした。
ありがとうございます。

当店のシートを、気に入っていただけたようで大変うれしく思います
腰の痛みも軽減されたとの事で、乗り心地も良さそうで安心いたしました。
ぜひ、本革(馬革・茶芯)ならではの経年変化も楽しんでいただければ幸いです

新喜皮革さんの革で作製したシートの取付画像は初なのでとても貴重なお写真ありがとうございました

こんにちは!
ブログ担当のはつです(*・ω・)ノ

昨年末に、本革(新喜皮革)の仕入れをして、その後なかなか紹介出来ずにいましたので
今回紹介していきたいと思います

今回の革は、本革・黒(馬革・茶芯)の革になります
『ツヤが控えめなマットな革』を探しており、ついに理想の革を仕入れる事が出来ました
IMG_20231229_113221
※新喜皮革・・鞣しから仕上げまでの工程を自社一貫生産する馬革専業タンナー(皮革製造会社)様
上記の革は、腰・でん部の上部にある胴体部の革を指すホースハイドになります。軽さとしなやかさが特徴です。
エイジングが進むとタンニンなめし特有の地艶が上がり、ヴィンテージテイストの革へと仕上がっていきます。

ちなみに茶芯とは、革ジャンやブーツなどにも使用されている、下地を茶色に染色してあり、使い込むと表面の黒が薄くなり、下地の茶芯が見えてきますので、より経年変化を楽しめます。

革の厚さは1.1~1.3ミリ程度で、シボが無く、ツヤもあまり無いマットなタイプの革になります。

ランブータンオリジナルハイバックソロシートを作製しました
【デザイン ダイヤステッチ】

IMG_20231230_143528
IMG_20231230_143523
シボ、ツヤがあまり無いマットな本革になります。
IMG_20231230_143601
表面が削れていくことで、茶色が出てきます。
IMG_20231230_143633
パイピングも同じ本革を使用しております。
IMG_20231230_143659
IMG_20231230_143743
使い込むほど、自分だけの使用感、またヴィンテージ感が出て楽しめます
IMG_20231230_143951
本革ならではの高級感があります。
IMG_20231230_144001
IMG_20231230_143515
シート作製の際は、傷やシワなどをなるべく避けて作製していますが、
商品の特性上、小さい傷やシワ等ある場合がございます。

なお、茶芯の本革ですが、天然皮革の為、ところどころ革に傷がありますので、大きなシートの作製の場合は傷が入ってしまい難しいので現在は、基本的にハイバックソロシートまたは同等のシートの大きさのシート作製に限らせていただきます

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせいただければと思います


こんにちは!
ブログ担当のはつです(*・ω・)ノ

先日、本革(姫路レザー)を仕入れいたしました

馬革の茶芯の黒になりますが、どのように経年変化をするのかイメージしやすくするために
少し強めにエイジング加工をしてみました

数年~数
十年使い込むと経年変化するイメージの参考になると思います。
実際に、バイクに数十年乗って、経年変化をした画像ではありませんのでご注意ください

ちなみに茶芯とは、革ジャンやブーツなどにも使用されている、下地を茶色に染色してあり、
使い込むと表面の黒が薄くなり、下地の茶芯が見えてきますので、より経年変化を楽しめます。


【オリジナルハイバックソロシート ダイヤステッチ・エイジング加工】
IMG_20230505_150739
使い込むほど、自分だけの使用感が出てヴィンテージ感がカッコいいです!
IMG_20230505_150745

IMG_20230505_150812
今回は茶芯のイメージを分かりやすくするために、少し強めにエイジング加工してみました。
IMG_20230505_150829
数年~数十年使い込むと経年変化するイメージの参考になると思います。
実際に、バイクに数十年乗って、経年変化をした画像ではありませんのでご注意ください
IMG_20230505_150822
IMG_20230505_151015
IMG_20230505_151237
IMG_20230505_151313
IMG_20230505_151512
IMG_20230505_151930
使えば使うほど、愛着が出て『茶芯のエイジング』が楽しいと思います
IMG_20230505_151958

こちらの画像は、経年変化を仮定して紙ヤスリなどでエイジング加工した画像になりますが、
当店では、エイジング加工をしての販売はしておりません。
もし、お客様の方でエイジング加工をご希望の場合は、ご購入の際に予備の革のサンプルを商品と一緒に同梱いたしますので、お客様ご自身でお好みにエイジング加工していただければと思います

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせいただければと思います

↑このページのトップヘ